2015年04月

    1 名前:名無し募集中。。。@\(^o^)/[] 投稿日:2015/04/22(水) 21:11:45.31 0.net
    https://www.youtube.com/watch?v=Lve-2wkdbPY

    【ももクロのドラゴンボールの新曲のPVショートバージョンが公開されたぞ 目の肥えたお前らで評価下してくれ】の続きを読む

    1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/04/23(木) 20:23:46.62 ID:???*.net
    22日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で司会の加藤浩次が、プロレスの極意を熱く語る場面があった。

    番組の「エンタメまるごとクイズッス」のコーナーでは「ももクロ試練の七番勝負・番外編」と題したトークイベントの様子を紹介した。

    21日に都内で開催した同イベントは、ももいろクローバーZと女子プロレスラーとのトークイベントだが、
    トークだけでは終わらず、女子プロレスラーとリング上での試合の様子も紹介した。

    女子プロレスラーとの対戦では、リーダーの百田夏菜子がロープを使ってのミドルキック(PK)を、
    また玉井詩織が側転からのエルボーを繰り出すなど、華麗な技を披露していた。

    その模様を「天の声」としてナレーション出演している山里亮太が「凄いでしょ?」と訊ねると、
    スタジオ出演者からは感嘆の声が漏れたが、加藤だけはワイプ画面で顔をしかめていた。

    山里が加藤に理由を訊くと、加藤は「やっぱ、プロレスは受けてナンボなんですよ。
    (ももクロが)受けてないの1回も」と苦言を呈した。

    続けて加藤が「受け手なんですよ。受けの美学なんですよ、プロレスは」「受けの練習しなきゃダメ」と熱く語ると、
    山里も「相手の女子プロレスラーの方々、流石ですよね」と加藤の意見に乗っかる形で
    レスラーを褒めつつも「ももクロちゃんも頑張りました」とフォローに回った。

    また加藤は「私もやりますけど、めちゃイケとかでね」「本気でやりますから。
    ウケますもんね、やっぱり」とプロレスの「受け」とお笑いの「ウケ」をかけたコメントで笑いを誘った。

    そして、山里が神取忍も褒めていたと話すと、加藤は「みんな(ももクロを)褒め過ぎだよね」と
    終始ももクロには厳しいコメントをしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/10041280/
    2015年4月23日 19時15分

    http://news.livedoor.com/article/image_detail/10041280/?img_id=8303566
    ももいろクローバーZ

    【加藤浩次がももクロにダメ出し!?プロレスの極意を熱く語る】の続きを読む

    1 名前:モノノフ名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/04/22(水) 23:57:58.93 ID:hmoX30qL.net
    やっぱりそうなのか

    【なぜももクロは全員バラエティ適性が高く小慣れているのか?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1 名前:モノノフ名無しさん@\(^o^)/[ageteoff] 投稿日:2015/04/22(水) 21:51:40.59 ID:+ywIcUii.net
    これね

    【『Z』の誓い のMVが公開されたので語ろう】の続きを読む

    1 名前:きのこ記者φ ★@\(^o^)/[ageteoff] 投稿日:2015/04/22(水) 09:16:20.88 ID:???*.net
    ももいろクローバーZが21日、東京・中野サンプラザで開いた
    「ももクロ試練の七番勝負・番外編」で“プロレスデビュー”した。

    宝城カイリ、コグマ組対紫雷イオ、はづき蓮王組の30分1本勝負でセコンドにつくと、
    コーナーに張り付け状態のはづき蓮王に佐々木彩夏(18)がヒップアタック、
    玉井詩織(19)が側転エルボーと連続攻撃。

    百田夏菜子(20)は、宝城がリング中央で固めたはづきにジャンピングレッグラリアートを決めた。
    百田は「プロレスはガチなんで、こちらもガチで打っていかないと」と振り返った。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1465141.html

    【ももクロが”プロレスデビュー”…紫雷イオ、はづき蓮王組にヒップアタック・側転エルボー・レッグラリアットを決める】の続きを読む

    このページのトップヘ